「ArcGIS データコレクション 2011」をリリースしました!

ArcGIS データコレクション」の最新版「ArcGIS データコレクション 2011」を8月10日にリリースしました!

「ArcGIS データコレクション」は、加工やチューニング済みのファイル ジオデータベースと、マップ ドキュメント ファイル(.mxd)、レイヤ ファイル(.lyr)がセットになっており、ArcGIS ですぐにご活用いただけるデータ製品群です。ArcGIS データコレクション 2011 は ArcGIS 10 SP2 以上の環境に対応しており、「スタンダードパック」、プレミアムシリーズの「詳細地図」から順次出荷開始いたします。

Image1_3


■ラインナップ
・スタンダードパック
背景地図(広域地図、公共地図)、アドレスマッチング ツール&データ(街区レベル住所)、基本的な統計データ(基本統計)を1つのパッケージにした製品で、ArcGIS で基本的な使い方をする際に必要なものが揃っています。これから ArcGIS を始める方に最適な、ArcView とセットになったデータバンドル版もご用意しております。

・プレミアムシリーズ
スタンダードパックよりも、精度や鮮度などの付加価値が高いデータ製品群です。家屋形状や道路幅員までポリゴンで表現し、数多くの目標物(POI)を収録した詳細な背景地図の「詳細地図」、Network Analyst エクステンションですぐにネットワーク解析ができる交通規制入りのネットワークデータセット「道路網」、10mメッシュのDEMと陰影起伏、等高線を収録した「地形」の3つが、現在ラインナップとして揃っております。なお、プレミアムシリーズと ArcView とのセット販売はございません。

Image2_4

詳細地図

■昨年版からの変更点
・新しいアドレスマッチングツール
本年版から、住所検索やアドレスマッチングができる住所製品を、ArcGIS 標準のアドレスマッチングツールで利用できるロケータ形式で提供します。これにより、ArcGIS との親和性が大幅に向上しました。また、アドレスマッチングの結果に対して、ユーザが対話的に編集できる機能が新しく加わり、これまで以上に使いやすくなりました。

・データの更新と追加
それぞれのデータにおいて、昨年版からデータを更新しているのに加え(※1)、「公共地図」に新たにバス停や医療機関データなどを、「基本統計」に平成22年国勢調査(市区町村別集計・人口速報集計結果)や交通流動量データなどを追加しておりますので、最新のGISデータをすぐにお使いいただけます。
(※1「地形」は昨年版と同内容です)

■参考ページ
ArcGISデータコレクション2011 スタンダードパック
ArcGISデータコレクション2011 プレミアムシリーズ