ArcGIS for Android アプリケーション バージョン 2.0 をリリース!


ArcGIS for Android の最新バージョン 2.0 をリリースしました。
ArcGIS for Android には、ArcGIS for iOSArcGIS for Windows Phone 同様、無償のアプリケーションと開発用の API がありますが、今回は Google Play からダウンロードしてすぐに利用可能な無償のアプリケーションのバージョン アップとなります。バージョン 2.0 では、ベースマップ(背景図)の切り替えや凡例表示を行うための機能などが追加されました。


■ベースマップの切り替え
道路地図や衛星画像、地形図、Bing Maps など、様々な種類のベースマップを切り替えて表示することができます。操作方法は以下のようになります。

1. メニュー ボタンを押すと右上にマップ コンテンツというメニューが表示されるので、これをタップしてマップ コンテンツ画面に遷移します。
2. ベースマップという欄に現在使用しているマップ名が表示されます。このマップ名をタップするとベースマップを切り替える画面に遷移します。
3. 表示したいベースマップのサムネイルをタップすると選択したベースマップに切り替わり、マップ表示画面に戻ります。
※ OpenStreetMap は ArcGIS for Android では現在未サポートです。

Basemap_3

■マップの凡例表示
こちらもメニュー ボタンから操作します。メニュー左下のマップの凡例をタップすると凡例表示画面に遷移します。戻るボタンを押すとマップ表示画面に戻ります。

Legend_3

また、今回のバージョン アップでは、ArcGIS の次期バージョン 10.1 の新機能にも対応した機能が入っていますが、こちらは国内では、ArcGIS 10.1 リリース以降のサポートとなります。

■関連リンク
ESRIジャパン Web サイト
ArcGIS Runtime SDK for Android

Esri 社(米国)Web サイト
ArcGIS for Android