ArcGIS API for Flex および ArcGIS Viewer for Flex バージョン 3.0 をリリース

ArcGIS API for Flex および ArcGIS Viewer for Flex の最新バージョン 3.0 をリリースしました。今回のバージョン アップは ArcGIS 10.1 for Server の新機能への対応がメインになりますが、その他の更新も含まれています。ArcGIS 10.1 for Server 新機能に対応する機能の国内サポートは ArcGIS 10.1 国内リリース後となりますので、ここではそれ以外の主な更新をご紹介します。

■ヒートマップ
ポイントの密度を表現するヒートマップを Flex で実装したサンプルコードが提供されました。このソースコードは ArcGIS API for Flex のライブラリをダウンロードする際に一緒に含まれるサンプルコードの中に入っています。また、このサンプルは ArcGIS Resource Center でもソースコードとアプリケーションが公開されているので Flex の環境がなくても実際に試してみることが可能です。
Heatmap

■複数のレイヤを一度に属性検索することが可能に(串刺し検索)
地図上を一度クリックするだけで、クリックした地点に表示されている複数のサービス、複数のレイヤを検索し、複数の検索結果をポップアップ ウィンドウに表示可能となりました。この機能はデフォルトで ArcGIS Viewer for Flex に組み込まれており、ポップアップ表示の設定を行うだけで自動的に有効となります。
Query

■開発環境、実行環境の変更
バージョン 3.0 では、開発環境と実行環境ともに以前のバージョン 2.5 から変更となっています。開発環境は Adobe Flex SDK 4.6、実行環境は Adobe Flash Player 11.1 以降が必要となります。それ以前の環境では動作しませんのでご注意ください。

その他、新機能の詳細は、ArcGIS API for Flex 新機能、および、ArcGIS Viewer for Flex 新機能のバージョン 3.0 の項目をご参照ください。

■関連リンク
ESRIジャパン Web サイト:
ArcGIS API for Flex/
ArcGIS Viewer for Flex

Esri 社 Web サイト:
ArcGIS API for Flex
ArcGIS Viewer for Flex