ArcGIS Viewer for Silverlight バージョン 3.1 をリリースしました!


ArcGIS Viewer for Silverlight バージョン 3.1 をリリースしました。
ArcGIS Viewer for Silverlight は、ArcGIS API for Silverlight ベースの Web アプリケーションで、プログラミングをすることなく、対話的な操作だけで簡単に Web アプリケーションを作成することができます。
バージョン 3.1 では、Windows 8 のサポート、新しいツールの追加や機能強化が行われています。以下では、バージョン 3.1 の主な新機能についてご紹介します。

Appviewer_2

■主な新機能
関連レコードの取得ツール
マップ上でクリックしたフィーチャに関連レコードがある(リレート/リレーションシップ クラスが設定されている)場合、その関連情報を表示するツールが新たに追加されました。下記の例では、町丁・字のポリゴンをクリックして、そのポリゴンに関連する公共施設のポイントの属性情報をテーブルで表示し、関連するポイントのみを含むレイヤがマップ コンテンツに追加されています。

Relationship_2

セキュアなサービスへのアクセス
ArcGIS Online や ArcGIS for Server のセキュアなサービスに、ユーザ名とパスワードを入力してアクセスできるようになりました。セキュアなサービスにアクセスしようとすると、自動的にサインイン ダイアログが表示されます。

Secure_service_2

編集情報の記録と所有権ベースの編集
ArcGIS 10.1 の新機能である編集情報の記録(図形や属性の編集時に、いつ誰が編集したかを記録)と所有権ベースの編集に対応しました。標準の編集ツールで編集を行うと、編集情報を自動的に記録します。また、フィーチャ サービスの構成に応じて、自動的に編集対象のフィーチャ サービスで利用可能な編集ツールを設定します。

その他の新機能については、「ArcGIS Viewer for Silverlight 3.1 の新機能」をご参照ください。

■1.0.1 / 3.0 から 3.1 へのアップグレード
バージョン 1.0.1 / 3.0 をすでにご利用いただいている場合も 3.1 に簡単にアップグレードすることができますので、ぜひ 3.1 にアップグレードして新しい機能をお試しください。アップグレードの方法については、「バージョン 3.1 へのアップグレード」をご参照ください。

■関連リンク
ESRIジャパン Web サイト:http://www.esrij.com/products/arcgis/developer/arcgis-viewer/arcgis-viewer-for-silverlight/details/whatsnew-3_x/
Esri 社(米国)Web サイト:http://resources.arcgis.com/ja/help/silverlight-viewer/concepts/#/na/01770000006v000000/