開発者が一堂に会するセッションを初めて開催 ~第 9 回 GISコミュニティフォーラム~


GISコミュニティフォーラムの開催が近づき、ArcGIS ブログでも自治体や教育など分野ごとにまとめたセッションや各セッションの見どころをご紹介しています。セッション数が非常に多いのでこのような「地球の歩き方」的な内容は役立つかと思います。

さて、GISコミュニティフォーラムも第 9 回を迎え、プログラム内容も例年ご参加いただいている方にとってはお馴染みとなってきました。その中でも少しずつではありますがいくつかの新しい企画を試み、進化しつづけています。
そこで新企画としてご紹介したいのが、開発者をキーワードにしたセッション、その名も「ArcGIS Developer セッション ~開発者のための GIS~」です。

ArcGIS Developer セッション ~開発者のための GIS~
日付:2013 年 5 月 31 日(金)
時間:13:00~15:00
場所:ホールA

このセッションは、GIS を使ったビジネス開発を検討している SI 企業の方、すでに GIS を使用したシステム開発を行っている方、さらには GIS ユーザではあるけれど Web やスマホなどもっと多くの場面で活用したいとお考えの方、など「開発」というキーワードが気になる方はどなたでもご参加できるような内容になっています。


■セッション内容とみどころ
開発者からみた ArcGIS(15 分)
ArcGIS の製品ラインナップの紹介です。開発者の視点からみた ArcGIS 製品にはどういった製品群があるのかを簡単にご紹介します。

ArcGIS を使ったソリューション開発事例(30 分)
ArcGIS 製品が採用されているソリューション パッケージ開発事例として、日本アイ・ビー・エム様のパッケージ製品「IBM Maximo」をご紹介します。

ArcGIS で開発を始めるには(製品導入デモ)(60 分)
デスクトップ、Web、モバイル GIS 製品それぞれについて、実際に開発を始める手順をステップバイステップで解説していきます。また BI や CRM などエンタープライズ システムとの連携ソリューションとして今年リリース予定の新製品もデモを交えてご紹介し、そのメリットをお伝えします。

今後の開発の方向性(ArcGIS 開発最新トピック)(15 分)
現在開発中で、今後注目される技術や製品などをご紹介します。また実際に開発を始めるにあたり、役に立つドキュメントや参考 Web サイトなどもご紹介します。

このように ArcGIS の開発に関わるさまざまな情報が詰まっていますので ArcGIS で開発を始めることを検討している方はぜひ本セッションにお越しください。

■関連リンク
GISコミュニティフォーラム:http://www.esrij.com/events/gcf/gcf2013/