何ができるの? ArcGIS Spatial Analyst – 画像分類・ジェネラライズ –

ArcGIS for DesktopArcGIS EngineArcGIS for Server、あるいは ArcGIS Runtime のエクステンションの 1 つである ArcGIS Spatial Analyst の機能紹介第 4 回です。今回は、画像分類・ジェネラライズについてご紹介します。

1_4

まずは画像分類についてご紹介します。画像分類は衛星画像や航空写真など、複数のバンドからなるラスタの情報から特徴を抽出します。抽出した情報を基に土地利用図を作成することができます。
画像分類を行うには、ArcMap から [カスタマイズ] → [ツールバー] → [画像分類] ツールバーを起動します。

2_3

[画像分類] ツールバーには 5 つのツールがあり、教師付き分類、教師なし分類をおこなう事ができます。各ツールの詳細については、ヘルプをご参照ください。
今回は、以前のブログ記事でご紹介した Landsat 8 画像、[対話的な教師付き分類] ツールを用いて画像分類をおこなってみます。
まずは、下図のようにトレーニング サンプルを取得します。 

3_3


トレーニング サンプルを取得後、散布図やヒストグラムを表示することができますので、トレーニング サンプルの品質をチェックします。

4_3

5_3


データのチェック後、分類を行うと下図のような結果となります。

6_3


分類した画像には、誤分類されたセルが含まれている場合があります。このような場合、ジェネラライズ ツールを使用します。ジェネラライズ ツールは、誤分類されたエリアを識別してデータを除去し、クリーンアップをおこないます。まず [大多数フィルタ] ツールを使用して微小領域の除去を行い、その後 [境界のスムージング] ツールを使用してクラスの境界の不規則なエッジをスムージングすると、下図のように分類した画像のノイズを除去することができます。各ツールの詳細については、ヘルプをご参照ください。

7_3


■関連リンク 
ヘルプ
・画像分類(ArcGIS ヘルプ): http://resources.arcgis.com/ja/help/main/10.1/#/na/00nv00000002000000/
・ジェネラライズ(ArcGIS ヘルプ): http://resources.arcgis.com/ja/help/main/10.1/#/na/009z00000033000000/
トレーニング 
・Spatial Analyst 解析 トレーニング: http://www.esrij.com/training/courses/desktop/et11/