津波対策として標高情報を市民へ公開、被害想定への活用も 豊橋市 防災危機管理課の取組み

東日本大震災以降、豊橋市では、三河湾沿岸に津波が来た場合、自宅や職場は安全な場所に立地しているのか、避難する場合はどの方向へ逃げればよいかなど、標高に関する市民からの問い合わせが急増しました。防災危機管理課では、市民の不安を解消するため、基盤地図情報から標高図を作成、市のホームページで公開しました。

豊橋市 防災危機管理課の取組みは、「行政内部での汎用デスクトップGISの活用による市民サービス向上への取り組み」 をご覧ください。
Image01