地下のユーティリティ インフラを 3D マッピングで見える化

2008 年、新たな複合施設と駐車場建設に向けた、地下のユーティリティ インフラ マップの作成が開始されました。建設工事の際の地下ユーティリティパイプの破損防止や、建設工事効率化を目的としたマップの作成方法とは。

詳細は GIS ニュース: 「地下のユーティリティ インフラを 3D マッピングで見える化」(McKim & Creed 社)をご覧ください。

Underground_utility_map_2