ArcGIS 10.2 for Desktop では Landsat 8 画像がさらに簡単に利用可能!

以前、「Landsat 8 画像を使ってみよう!」という記事で、Landsat 8 画像をダウンロードし、ArcGIS for Desktop で利用する方法をご紹介しましたが、ArcGIS 10.2 では パッチを適用することで、ラスタ プロダクトとして、さらに簡単に Landsat 8 のデータを利用することができます。

1_3
まずはこちらのパッチを適用してください。

ArcGIS 10.2 for (Desktop, Engine, Server) Landsat 8 Patch
※要サポートログイン

パッチを適用すると、ダウンロードしたフォルダの中に含まれている ●●●.txt というテキスト ファイルが [カタログ] ウィンドウ(または ArcCatalog)で見ると、衛星のアイコンで表示されます。さらに「+」をクリックして展開すると、「Multispectral(マルチバンド画像)」「Panchromatic(パンクロマティック画像)」「Pansharpen(パンシャープン画像)」「Thermal(熱赤外画像)」という 4 つのレイヤが表示されます。

2_3
あとは、それぞれ利用したいデータを追加するだけで利用できます。

3_3
このように、ArcGIS 10.2 ではコンポジット バンドパンシャープンなどの前処理なしで、Landsat 8 画像を利用することができます。ぜひお試しください!

■関連リンク
ArcGIS 10.2 for (Desktop, Engine, Server) Landsat 8 Patch(要サポートログイン)
ArcGIS 10.2 for Desktop – ラスタ関連の新機能および改良点 –
Landsat 8 画像を使ってみよう!
ArcGIS 10.1 お勧め画像機能 その1-ラスタ プロダクト-