ArcGIS 10.2 for Desktop – ラスタ関連の新機能および改良点 –

ArcGIS 10.2 for Desktop の新機能をラスタ関連の情報に絞ってご紹介します。 ラスタ関連のジオプロセシング ツールとして、新しく 3 つが追加されました。

また、以下のジオプロセシング ツールが改良されています。

ジオプロセシング ツール 改良点
モザイク データセットにラスタを追加(Add Rasters To Mosaic Dataset) 新しいラスタ タイプの追加
DMCii、Landsat8※、Pleaides、SOCET SET、SPOT 6
モザイク データセット スキーマの変更(Alter Mosaic Dataset Schema) [操作] パラメータとして [CACHE] の追加
シームラインの構築(Build Seamlines) [計算方法] パラメータとして [EDGE_DETECTION] の追加
クリップ(Clip) [クリップする範囲を維持] パラメータの追加
タイル キャッシュのタイル スキーマの生成(Generate Tile Cache Tiling Scheme) タイル スキーマの生成に使用するソースとして MXD が利用可能に
モザイク データセット プロパティの設定(Set Mosaic Dataset Properties) [データ ソース タイプ]、[最小ピクセル設定] パラメータの追加 [モザイク オペレータ] パラメータとして [SUM](加算)が追加
モザイク(Mosaic) [モザイク オペレータ] パラメータとして [SUM](加算)が追加
ラスタの位置合わせ(Register Raster) 入力データセットとしてモザイク データセットが利用可能に

さらに、今年打ちあがった Landsat 8 の画像に対応し、ラスタ プロダクトとして利用できるようになりました。データの入手方法についてはこちらをご参照ください。

※ラスタ プロダクトとして利用する場合は、こちらのパッチを適用してください(Esri 製品サポート ページへのログインが必要です)。