ArcGIS Geostatistical Analyst ワークブックを公開しました

ArcGIS for Desktop のエクステンション製品である Geostatistical Analyst のワークブックを公開しました。Geostatistical Analyst では、離散的な測定データを内挿することで連続的なサーフェス(面データ)として地図上に表現することができます。
このワークブックでは、PM2.5 の観測データを使用して、データ間の関係や分布特性を調べてサーフェスを作成し、作成したサーフェスの標準誤差を調べるといった、一連の操作を学ぶことができます。

1
ワークブックには、演習で使用するデータとテキストが含まれており、ダウンロードしてすぐに始めることができます(ダウンロードには Esri 製品サポートへのログインが必要です)。

※実施するには ArcGIS 10.2 for Desktop と Geostatistical Analyst のライセンスが必要です。

■関連リンク
感染症拡大の様子を GIS で解析