震災復興に向けた具体的な土地利用デザイン案を作成

立命館大学は、東日本大震災で多大な被害を受けた福島県相馬市を対象に、地震と津波、福島第一原発事故からの復興計画を支援するためのプラットフォームを構築する研究を進めている。相馬市に関する様々な地理空間情報を収集し、Geodesign フレームワークを用いたワークショップを東北大学で開催。震災復興に向けた複数の具体的な土地利用デザイン案を提案している。

■課題
・震災復興まちづくりへの具体的な土地利用デザインの提案
■導入効果
・ワークショップ開催により、複数の土地利用案を提示
・GIS を使った最適な教育プログラムの実践

詳細は活用事例、「福島県相馬市を対象とした土地利用デザインの提案」(立命館大学 歴史都市防災研究所)をご覧ください。