Collector for ArcGIS を使ってトラッキングをしてみよう

先日のブログ記事で「GPS を使用したデータ収集(Collector for ArcGIS)」をご紹介しましたが、今回はその Collector for ArcGIS で利用できる「トラッキング」機能についてご紹介します。
トラッキング機能とはモバイル端末の現在位置を定期的かつ自動的にポイントとして記録する機能です。例えば Collector for ArcGIS でデータ収集を行っている調査員が今どこにいるのか、どのようなルートを辿って調査を行ったのかなどを知ることができます。

通常 Collector for ArcGIS でデータ収集を行うには、編集可能なレイヤを含んだ Web マップが必要です。トラッキングの場合、調査員の現在位置をポイントとして収集するためのトラッキング専用レイヤを用意し、Web マップに追加する必要があります。
以下ではそのトラッキングを開始する前に必要な準備をご紹介します。

① トラッキング専用レイヤを用意する
トラッキング用のテンプレートを使ってトラッキング専用レイヤを作成します。

ArcGIS Online にサイン インし、マップコンテンツの [レイヤの作成] をクリックします。

1_2
レイヤの作成ダイアログでフィーチャ レイヤの作成元に「テンプレート」、テンプレートに「Location Tracking」を設定し、作成レイヤの Location Tracking が選択されていることを確認します。

2_2
マップの表示範囲やタイトルなどを入力してトラッキング専用レイヤの作成を完了します。

② Web マップを作成する
トラッキング専用のレイヤを含んだ Web マップを作成します。

トラッキング専用レイヤを追加したい Web マップを ArcGIS.com マップ ビューアで開きます。
[追加] ドロップダウンより [レイヤの検索] を選択します。

3_2先程作成したトラッキング専用レイヤのタイトルを [検索] のキーワードに入力し検索します。
検索結果一覧の [追加] をクリックし、[レイヤの追加を完了] で完了します。

4_3
先程作成したトラッキング サービスが追加されていることを確認するために [詳細] の [コンテンツ] をクリックします。その後、変更を保存して Web マップの作成を完了します。

5_2
③ トラッキング機能を有効にする
Web マップにトラッキング サービスを追加しただけではトラッキングは開始されません。デフォルトではトラッキング機能は無効になっているため Web マップの設定からトラッキング機能を有効にします。

②で作成した Web マップのアイテム詳細を表示します。

6_3
[編集]をクリックします。

7_2
アプリケーションの設定の位置を追跡する間隔にチェックを入れてトラッキング機能を有効化します。位置を追跡する間隔を選択し、保存します。

8_3
これでトラッキングに必要な準備は整いました。
このマップを Collector で開くだけでトラッキングが開始され、マップを開いている間トラッキングされ続けます。

9_2
※上図のように Collector でトラッキングの結果を見たい場合は、追加したトラッキング サービスのレイヤをレイヤの制御画面から表示します。

ArcGIS.com マップ ビューアや Operations Dashboard for ArcGIS と連携すれば、調査員の現在位置をオフィスに居ながらにしてリアルタイムに知ることがきます。
Collector のトラッキング機能を活用して現地調査員の行動の把握や分析などに活用してみませんか?

■関連リンク
Collector for ArcGIS 製品ページ