何ができるの?ArcGIS Spatial Analyst ‐ 距離解析

ArcGIS for DesktopArcGIS EngineArcGIS for Server、あるいは ArcGIS Runtime のエクステンションの 1 つである ArcGIS Spatial Analyst の機能紹介第 7 回です。今回は、距離解析についてご紹介します。

距離解析ツールではその名の通り、ある地点からの距離を求めます。
ArcGIS for Desktop では、標準機能に距離解析に関わるツールとして [バッファ] ツールがありますが、Spatial Analyst エクステンションを用いると、ある地点からの距離を連続的なラスタ サーフェスとして作成できます。

例えば、小学校からの 500 m 圏を標準機能の [バッファ] ツールで求めた場合と、Spatial Analyst エクステンションにおいて [ユークリッド(直線)距離] ツールで求めた場合では、以下のようになります。

1

さらに Spatial Analyst エクステンションでは、地図上での直線距離だけでなく、数値標高(DEM)データを使用し、地形の起伏に沿った距離も求めることができます。

2
他にも距離解析ツールでは、負荷距離、移動の最短パスなどを解析でき、様々な分野でご利用いただけるツールです。距離解析ツールの詳細については、ヘルプをご参照ください。

関連リンク
事例
アリゾナ州山間部のコリドー作成プロジェクトにGISを活用
ラリー・ポーランドはクルクリンの森林環境を悪化させるのか?

ヘルプ
距離ツールセットの概要(ArcGIS ヘルプ)

トレーニング
Spatial Analyst 解析 トレーニング