Esri Maps for Office バージョン 2.1.3 をリリースしました!

Microsoft Office の Excel または PowerPoint 内で簡単にマップを作成・利用ができるアドイン ソフトウェア Esri Maps for Office のバージョン 2.1.3 をリリースしました。本バージョンアップには、下記の新機能、機能改善および不具合修正が含まれます。


◎新機能 : ArcGIS Online のカスタムロールをサポート
先日の ArcGIS Online のバージョンアップで追加された新機能であるカスタムロールの機能を利用して、組織アカウントの管理者は、組織メンバーに対して Esri Maps for Office で利用できる機能の範囲を柔軟に設定できるようになりました。カスタムロールの設定により、組織の構造やワークフローに適したアカウントの運用・管理ができます。

組織内でのカスタムロール利用例 

Esri Maps for Office におけるカスタムロールの設定内容については、こちらをご参考ください。

◎主な機能改善および不具合修正
-カスタム位置情報の選択表示の改善
-レイヤの情報付加のシンボル変更、グループ化の指定
-インターネットに接続していない場合に、Office が強制終了する問題を修正

その他のアップデート内容に関しては、こちらをご参照ください。 


Esri Maps for Office を使えば…
皆さんおなじみの Microsoft Office と ArcGIS Online のアカウントだけで、誰でも簡単に Excel 上で地図の作成と分析を行えます。お持ちの住所データを地図に展開し、ホットスポットの検索レイヤへの情報付加などの機能を利用することで、地図の作成から周辺の地域特性まで Excel 上で把握することができます。 作成した地図は、ArcGIS Online を通して、共有・配信することも可能です。また、PowerPoint に作成した、動的なマップを取り込むことで、強力なプレゼンテーションができます。
Esri Maps for Office は、ArcGIS Online 組織向けプランのオプション製品として付属しています。現在、ArcGIS for Desktop の保守サービスが有効な方も、保守サービスの一環として ArcGIS Online 組織向けプランをご利用になれます。 

Esri Maps for Office は、こちらからダウンロードできます。是非、この機会に Esri Maps for Office を体験してみてください。

■関連リンク
Esri Maps for Office 製品ページ
Esri Maps for Office ヘルプ
・ArcGIS ブログ:Excel 上で地図を作成してみませんか?