WebGIS で森林管理業務を実現することでデータ整備・作業負担を大幅に低減

岐阜県森林組合連合会では、安価で大量供給が可能な輸入材に対抗するため、林業の効率化とコストダウンに取り組んでいます。平成 24 年には ArcGIS Online 組織向けプランを導入し、森林境界線や路網、森林簿などの情報整備と共有化を同連合会が担うことで、組合職員によるデータ整備・作業負荷の大幅な低減と伐採作業への専念を実現しました。

詳細は活用事例: 「森林管理業務を WebGIS で実現。データ整備・作業負荷を大幅低減」(岐阜県森林組合連合会)をご覧ください。

Image_5