オープンデータの公開に GIS を活用、室蘭市の取り組み

行政が保有するデータを誰もが二次利用可能な形で公開する「電子行政オープンデータ戦略」は、地方創生の観点から重要視されている政策の一つです。室蘭市では、全国の自治体に先駆け、地理的オープンデータの公開に特化した仕組みである「ArcGIS Open Data」を活用し、市保有のデータを順次ポータルサイトで公開しています。

Image


室蘭市のオープンデータ戦略はどのように進められてきたのでしょうか。全庁型統合 GIS の稼働からオープンデータ公開までわずか 1 年半で実現した室蘭市の取り組みを紹介します。
続きは活用事例、「自治体全庁型統合 GIS の稼働からオープンデータ公開まで 1 年半で実現」(北海道室蘭市)をご覧ください。