組織内の GIS コンテンツの共有と活用を促進する Portal for ArcGIS のご紹介

昨今では公開データへの関心の高まりから、自由に利用できるデータが増えてきました。
これらの中には住所や座標などが含まれた GIS と親和性の高いデータも多く、組織でお持ちのデータと組み合わせることで新たなコンテンツとなる可能性があります。
ただし、コンテンツを個人で管理すると、自分が作ったものと同等のコンテンツが実は組織内に存在していた、分析のためのツールがすでに開発されていた、といった問題が発生するかもしれません。
GIS データ・コンテンツを組織で共有することで、組織全体でコンテンツを組み合わせてさらに有用なアイデアが生まれることが期待できます。

001

本記事では、組織内で GIS コンテンツを共有・管理する製品 Portal for ArcGIS をご紹介いたします。

Portal for ArcGIS とは?
Portal for ArcGIS は、組織独自の GIS ポータル機能を提供する、ArcGIS for Server のエクステンション製品です。
ArcGIS 製品には同じ位置づけの製品として Esri クラウドを利用する ArcGIS Online がございますが、Portal for ArcGIS は組織内のサーバーやクラウド(パブリックまたはプライベート)などのオンプレミス環境で ArcGIS Online とほぼ同等の機能を利用できます。

Portal for ArcGIS の特長
・すぐに利用可能なライセンス

005

ArcGIS for Server Standard および Advanced には Portal for ArcGIS の指定ユーザー ライセンスが一定数付属していますので、追加でライセンスを購入することなくご利用いただけます。 


・コンテンツの共有と検索

002

ユーザーは、ポータル サイトに共有されたコンテンツをキーワードなどにより検索し、すぐに自分のマップに追加して利用することができます。

作成されたマップは Web マップとして共有でき、ArcGIS の各種アプリケーションから利用できます。

・さまざまな Web アプリケーションの作成

003

Portal for ArcGIS に付属するテンプレートや Web AppBuilder で Web マップを利用すると、プログラミングの必要なく Web マッピング アプリケーションを作成できます。 

また、Web マッピング アプリケーション以外にも Web マップを参照するさまざまなアプリケーションを利用可能です。

・セキュアなポータル サイトの構築

004

ログイン ユーザーやグループを使用したコンテンツの利用・編集の制御や、匿名ユーザー(ログインを必要としないアクセス)に対する公開/非公開を設定できます。 

さらに、Windows Active Directory や LDAP、SAML 2.0 Web シングル サインオンをサポートする ID プロバイダーの認証情報を使用して、既存のエンタープライズ アカウントによるシングル サインオンを実現できます。

これまでご紹介した機能以外にも Portal for ArcGIS にはコンテンツ管理ソフトウェアとして様々な機能がございます。 組織内の GIS データの共有と活用の促進をご検討されている方は製品の紹介ページもございますので、ぜひご覧ください。

■関連リンク
ArcGIS for Server 製品ページ
Portal for ArcGIS 製品ページ