3D 対応フリー ビューアーの ArcGIS Earth が米国でリリースされました

ArcGIS Earth という新しいアプリケーションが米国でリリースされました。今回の記事では ArcGIS Earth についてご紹介します。
※2016 年 1 月時点(バージョン 1.0)では英語版のみのリリースです。

1_3

アプリケーション起動画面

ArcGIS Earth は 2D / 3D データに対応した無償のビューアーです。直感的な GUI 操作が可能であり、シェープファイルや KML(KMZ)ファイルを読み込むことができます(ドラッグ & ドロップで簡単にデータを追加できます)。他にも、距離や面積の計測、図形の描画、画面イメージの保存・印刷等、多くの機能を持っています。

2_

データの追加

3_3

面積計測

4_3

図形描画

また ArcGIS Earth は、ArcGIS でサポートしている道路地図や地形図等のベースマップや、ArcGIS Online 上の各 GIS サービスを利用することができます。たとえば、ArcGIS Online で公開されている 3D のシーン サービスを検索・追加し、街並みや景観を 3D で確認することもできます。

5_2

ベースマップを変更可能

6_2

サンフランシスコの 3D 景観

ArcGIS Earth は今後機能拡張が予定されており、オフラインでの利用や WMS サービスの利用も可能になる予定です。ArcGIS Earth は米国 Esri の ArcGIS Earth のページからダウンロードできますので、ぜひお試しください。

■関連リンク(その他の 3D GIS 製品)
・3 次元データを効果的に視覚化し、分析することを可能にする ArcGIS for Desktop のエクステンション:ArcGIS 3D Analyst
・3D 都市景観モデリング ソフトウェア:Esri CityEngine
・簡単に 3D の地図を Web サイトに表示することが可能に:ArcGIS API 4.0 for JavaScript(Beta)
・複数の Windows プラットフォームをサポート、Windows タブレットなどのモバイル環境でも 3D 表示を可能に:ArcGIS Runtime SDK for .NET