過去・現在の犯罪データを分析 未来の犯罪リスク対策に生かす

凶悪犯罪が深刻な社会問題となっているアメリカ。FBI のまとめによると、2013 年に殺人事件で死亡した人の数は 14,000 人にのぼり、その内の 69% が銃犯罪によるものでした。被害者には若者が多く、2012 年のアメリカ疾病対策センターの発表では 15 歳から 24 歳までの死因の第 2 位に殺人が挙げられています。
ボルチモア市は、犯罪および犯罪リスク データの可視化と分析に GIS を利用しています。GIS は意思決定や効率的な人員配備を行う基本ツールであるとともに、司法当局が実施する犯罪防止プログラムの根幹を担っています。犯罪データを地図上に可視化することで、犯罪の影響を市民に分かり易く伝えています。

Image


市では、若者を対象とした犯罪防止プログラムに力をいれています。若者や支援者向け情報提供ツールとして ArcGIS Online を活用するとともに、ArcGIS を使った犯罪リスク分析を実施し、過去、現在、未来の犯罪の可視化と対策の立案・実施に向けた取り組みを進めています。
犯罪防止プログラムの実施内容および犯罪リスクデータの可視化手法は「過去・現在の犯罪データを分析。未来の犯罪リスク対策に生かす」(メリーランド州 ボルチモア市)をご覧ください。

■関連リンク
・事例:「時空間 3 次元地図-疾病と犯罪の時空間集積の可視化-」(立命館大学)
・事例:「GIS を用いた地理的犯罪分析」(科学警察研究所)
・事例:「GIS による地域犯罪の分析と提供」(京都府警察)