3D データもさくっと表示! ArcGIS Earth が Ver.1.5 にバージョンアップ!

Esri から無償で提供されている 3D 対応の GIS ビューアー「ArcGIS Earth」はご利用いただいていますか?先日、Ver.1.5 がリリースされ、KML 関連の新機能の追加と機能改善が行われました。

ArcGIS Earth

■Ver.1.5 の主な新機能

Ver.1.5 の主な新機能は以下のとおりです。

・[計測] ツールの計測値を保存して KML にエクスポート(計測した情報は図形をクリックしてポップ アップ上で確認できます)

計測機能の強化 計測機能の強化

・カスタム KML アイコンの利用(KML でカスタマイズしたアイコンを読み込むことができます)

カスタム KML アイコン

※Ver.1.5 で追加された新機能や機能改善についての詳細は ArcGIS Earth 1.5 新機能ページ(英語)をご覧ください。

■3D データの表示

また、Ver.1.5 の新機能ではありませんが、ArcGIS Earth ではテクスチャー付きの 3D データもさくっと表示することができますのでご紹介します。

Drone2Map for ArcGIS / ArcGIS Pro / Esri CityEngine で作成したシーン レイヤー パッケージ(*.spk, *.slpk) や、ArcGIS Online が配信するシーン サービスの閲覧など、3D データのビューアーとして幅広くご利用いただけます。

※シーン レイヤー パッケージ(SLPK)は、Esri 社が開発し公開している I3S という仕様に基づく高パフォーマンスな 3D データ形式です。以下の VRICON 社の 3D データは、高解像度衛星画像から独自の自動化処理を用いて作成された、世界中を網羅した高精度の 3 次元データですが、SLPK 形式でも提供されていますので、ArcGIS Earth で軽快に閲覧することができます。


表示データ:VRICON 3D(VRICON 社提供の 3 次元地表モデル)ⒸVRICON
販売代理店:日本スペースイメージング株式会社

ArcGIS Earth でサポートするファイル形式は以下のページで確認できます。

ArcGIS Earth ヘルプ:Supported data types(英語)

ArcGIS Earth は、各種 GIS データの表示や、距離や面積の計測、図形の描画、画面イメージの保存・印刷等、多くの機能を持つ 3D 対応のフリービューアーです。メールアドレスの登録だけでダウンロードできますので、この機会にぜひお試しください。

■関連リンク
3D 対応フリー ビューアー ArcGIS Earth が 1.4 にバージョンアップ!フォントの設定が可能になりました!
知っていると便利な ArcGIS Earth のキーボード・マウス操作とショートカット
ArcGIS Earth ヘルプ(英語)