ArcGIS Insights (2019 年 12 月アップデート) の新機能情報

ArcGIS Insights は、直感的な操作性でデータの可視化・空間分析機能を行える Web アプリです。最新バージョン 2020.1 (ArcGIS Online 版) が 12 月 11 日にリリースされました。本ブログでは主な新機能をご紹介します。

デザインの更新

ページ ビューでは、ツールバーがシンプルにまとまり、ページ タブが下部に配置され、画面スペースをより広く利用できるようになりました。

design

コード値ドメインとサブタイプのサポート

フィーチャクラスやフィーチャ レイヤーにコード値ドメインやサブタイプが設定されている場合、Insights のカードでも認識できるようになりました。サブタイプが設定されたフィールドは icon_subtype、コード値が設定されたフィールドは icon_code のアイコンで表示されます。

icon


テーブル

サマリー テーブルでフィールドの追加、削除、並べ替えができるようになりました。

table01

また、フィールド演算に TIME と TIMEDIF が追加されました。

table02

データのエクスポート

解析結果のデータをシェープファイル、CSV、GeoJSON 形式でエクスポートできるようになりました。

export