ArcGIS Pro にサイン インできない時に確認すること ~チェックリスト~

「どのアカウントでサイン インすればいいのかわからない」「ArcGIS Pro を起動しサイン インしたらエラーが表示された」など、ArcGIS Pro を使い始める時、どうやってライセンスを利用すればいいか悩んだことはありませんか?

illustration1

本記事では ArcGIS Pro 指定ユーザー ライセンスの仕組みについてと、ArcGIS Pro にサイン インできない時に確認すべき事項をご紹介します!

ライセンスについて理解しよう!

ArcGIS Pro のデフォルトのライセンス形態は “指定ユーザーライセンス” というものです。

指定ユーザー ライセンスとは、ArcGIS Online の組織サイトでライセンスを管理するライセンス形態です。管理者ユーザーが組織サイト上で各ユーザー (アカウント) にライセンスを割り当て、各ユーザーは ArcGIS Pro 起動時にライセンスが割り当てられたアカウントでサイン インし使用します。

端末ではなくユーザーにライセンスが割り当てられるため、ArcGIS Pro がインストールされており、動作環境を満たしていれば、どの端末でも利用することができます。

illustration2

ArcGIS Pro を使い始める準備は整っていますか? ~ チェックリスト ~

これから ArcGIS Pro を利用開始する方、サイン インしたけど失敗してしまった方は、以下の事項を確認してください。

  • アカウントは作成済ですか?

ArcGIS Pro 指定ユーザー ライセンスで使用するには、ArcGIS Online 組織サイトの設定、アカウントの作成、ライセンスの割り当ての手順を行います。

まずは、ArcGIS Online 組織サイトの管理者にアカウントの作成を依頼しましょう。

まだ、組織サイトが作成されておらず管理者がいない場合は、ArcGIS Online スタートアップガイドの手順で、組織サイトの作成から行ってください。

  • 利用アカウントに誤りはありませんか?

ArcGIS Pro のサイン インで使用するアカウントは、Esri 製品サポートサイトのアカウントでも顧客 ID でもありません。ArcGIS Online の組織サイトに紐づき、かつライセンスが割り当てられたアカウントでサイン インします。

ユーザー名やパスワードを忘れてしまった場合は、サイン イン画面の [ユーザー名を忘れた場合]、[パスワードを忘れた場合] からそれぞれ確認してください。

image3

  • アカウントにライセンスは割り当てられていますか?

ライセンスが割り当てられていないアカウントでは、サイン インすることができません。

ArcGIS Online 組織サイトでライセンスが割り当てられているかご確認ください。

なお、ライセンスの割り当ては管理者権限のユーザーのみ行うことができます。もしも、ご自身がそうでない場合は管理者権限のユーザーに割り当てを依頼してください。

  • 保守契約は有効でしょうか?

ArcGIS Pro 指定ユーザー ライセンスは、保守契約有効期間を過ぎると使用できません。

Esri 製品サポートサイト内の FAQ では、より詳しく指定ユーザー ライセンスについて解説しております。ぜひご覧ください。※要 Esri 製品サポートサイト ログイン

■関連リンク

ArcGIS Pro のライセンスについて(指定ユーザー ライセンス)

よくあるご質問: ArcGIS Pro のライセンスについて