【WhereNext】サプライチェーンが停滞する中、経営者は ”もしもの時” を考える

経済状況が変化する中、サプライチェーンマネジメントに対する先進的な経営者は、位置情報を利用して物流戦略を可視化し、what-if シナリオを検証しています。

サプライチェーンの 1 つのリンクが予期せず途絶えた場合、ネットワーク全体を把握している経営者は混乱を最小限に抑え、売上を維持するためのバックアップ計画を立てることに優れています。一方でサプライチェーンの可視化ができていない経営者はすぐに不安に襲われます。

戦争、自然災害、パンデミックなど想定外の事態が発生した場合、メーカー、流通業者、小売業者は、驚くべき速さで方向転換する必要があります。今日のサプライチェーンマネジメントに対する経営者は、倉庫の在庫を保つことを目的とした在庫管理ソリューション以上のものが必要であることに気づいています。

サプライチェーンマネジメントの先進企業は、地理情報システム (GIS) 技術を使用して、材料や完成品がサプライチェーンのどこにあるかを確認し、サプライヤー、コスト、製品化までの期間、ネットゼロ目標などの要素間のトレードオフを検証しています。

サプライチェーンの可視化に向けたあらゆるステップのマッピング

サプライチェーンの可視化は、最近の混乱を克服するための鍵となっています。また、可視性に基づくロジスティクス戦略は、極端な事態を切り抜けるだけでなく、平常時に製品を市場に送り出すことにも役立ちます。

ある製薬会社の役員は、最近のサプライチェーン業界の会議で、計画から調達、製造、流通に至るまで、企業のサプライチェーンの全フェーズをマッピングすることの重要性を強調しました。

マッキンゼーによれば、経営者は、各供給リンクの明確なイメージを持つことで、初めて効果的にネットワークを管理することができます。コンサルティング会社は、サプライチェーンの混乱を回避するためには、可視性、シナリオプランニング、包括的で信頼性の高いデータという 3 つの実践が重要であると述べています。

製造業、流通業、小売業のグローバル リーダーたちは、この 3 つのすべてに GIS 技術を利用しています。

複雑な絵をシンプルに

GIS は、輸送ルート、配送センター、サプライヤー施設のような、生産の各段階を通じてサプライチェーン全体の位置情報を把握するための唯一の情報源として機能します。GIS はそれぞれを情報レイヤーとして扱い、経営層がスマート マップ上で表示/非表示を切り替えることで、複雑でグローバルな関係を理解するために必要な可視化を行えます。

予期せぬ事態が発生したとき、あるいは発生する前から、プランナーはこのテクノロジーを使って what-if シナリオを実行し、ルート、サプライヤー、戦略を変更した場合の結果を検討します。このような GIS シミュレーションの背後にあるデータサイエンスは、GeoAI (地理空間人工知能) と呼ばれています。

GeoAI は、サプライチェーンの複雑な関係性を直感的なツリー構造で表示する別の GIS 技術と組み合わせて使用することができます。このような可視化は、ある事象がある供給階層に及ぼす影響が、他の供給階層にどのように波及するかをビジネス リーダーが理解するのに役立ちます。その情報を地理的な文脈で見ることで、サプライヤー間の重要な依存関係を明らかにし、緊急時の対応計画を強化することができます。

次の混乱がどのように発生しようとも、GIS でサプライチェーン データを管理している企業は準備を整えることができます。その基盤があれば、経営者は重要なつながりを視覚化し、行動を起こす前にシナリオをモデル化して効果的な計画を立てることができます。

この記事は WhereNext のグローバル版に掲載されたものです。
原文: As Supply Chains Falter, Executives Ask, “What If?”

フォローする