ArcGIS API for Flex バージョン 2.1 を日本国内で正式リリースしました

先日、ArcGIS API for Flex の バージョン 2.1 が Esri 社(米国)からリリースされたことをご案内しました。その時点では国内未サポートでしたが、10 月 14 日に ArcGIS API for Flex 2.1 を国内で正式にリリースし、国内サポート(※) も開始しました。なお、先日の記事でご案内した、ArcGIS API for JavaScript 2.1 の国内サポートについては、現在検証中ですので、もうしばらくお待ちください。

※ ArcGIS Web Mapping の Q&A サポートをご希望の方は開発者サポートをご契約ください(保守サービスに ArcGIS Web Mapping の Q&A サポートは含まれておりません)

ArcGIS API for Flex バージョン 2.1 は バージョン 2.0 との後方互換性があり、バージョン 2.0 を使用して作られたアプリケーションは、バージョン 2.1 でも動作します。ArcGIS API for Flex バージョン 2.1 では、OGC Web Map Service(WMS)のサポートが追加された他、描画ツールや編集ツールなどの機能が強化されています。詳しくは、こちらを参照してください。

■参考資料
ESRIジャパン Web サイト:
ArcGIS API for Flex

Esri 社 Web サイト:
ArcGIS API for Flex