気象データ変換ツールをリリース

気象庁のデータをArcGISで利用しやすい形式のデータに変換するツールを、ArcGIS Resource Centerのジオプロセシング モデル/スクリプト ギャラリーにリリースしました。ArcGIS Desktop 10以上をお持ちのユーザ様であればご利用していただくことが可能です。
気象データ変換ツールResourcecenter_2

・変換可能な気象データ
変換可能な気象データは次のとおりです。

Meteorologicalconverter_img_2

1)1kmメッシュ解析雨量GPV
2)1kmメッシュ降水短時間予報
3)5分毎(10分毎)1kmメッシュ全国合成レーダーエコー強度GPV

・出力可能なフォーマット
各ツールはそれぞれTIFF | メッシュ(ポリゴン) | NetCDF が指定可能です。

・実行方法
各ツールは、通常のジオプロセシングツールと同様に、
–カタログ ウィンドウまたはArcToolbox ウィンドウからの実行
–ModelBuilderを使用したツールの実行
–Pythonウィンドウを使用したツールの実行
をサポートしております。ジオプロセシングツールの実行方法の詳細は、[ArcGIS 10 Help] > [実用ライブラリ] > [ジオプロセシング] > [ツールの実行]をご参照ください。

・解析雨量の例
解析雨量のインポート ツールで複数時期の解析雨量データを変換し、ラスタ カタログに読み込みました。
タイム スライダを利用すると、時系列データとして解析雨量の変化を可視化することが可能です。

Kaisekiuryou_2
・注意事項
今回ツールのご紹介をさせていただきましたが、弊社で本ツールに関する動作保障を行っているものではありません。本ツールに関するご質問がある場合には、ダウンロードページ(ArcGIS Resource Center)から、コメントの書き込みによって直接、作成者へしていただくようお願いいたします。