ArcGIS Desktop 10 サンプル ツールボックスはどこへ?

ArcGIS 9.3.1 にはサンプル ツールボックスがありましたが、ArcGIS 10 ではそのツールボックスがなくなっています。他のツールで代用できるツールがほとんどですが、サンプルツールボックスにあったツールを使いたいという方もいらっしゃるかと思います。

ArcGIS 10 では、サンプル ツールボックスの [データ管理] と [変換] ツールセットに含まれていたツール群は、ArcGIS Resource Center のジオプロセシング モデル/スクリプト ギャラリーからダウンロードして利用することができます。

ダウンロードページは、提供を終了いたしました。

Image1

利用可能なツール
Sub Model Memory Layer with All Joins from Staging Geodatabase(ステージング ジオデータベースから結合情報を含むサブ モデル メモリ レイヤを作成)
入力 CAD ステージング ジオデータベースから指定したジオメトリ タイプのレイヤを作成し、すべての CAD 属性情報を選択ジオメトリ タイプに結合します。

CAD Lines to Polygon Features(CAD ライン → ポリゴン)
CAD ラインおよびポイントからポリゴン フィーチャクラスを作成します。

CAD to Feature Class(CAD → フィーチャクラス)
CAD ファイルのオブジェクトをフィーチャクラスに変換します。

Polygon Feature Class to CAD Lines(ポリゴン → CAD ライン)
ポリゴン フィーチャクラスをラインの CAD ファイルに変換します。隣接ポリゴン間で重複する外周ラインは削除され、単一ラインとして出力されます。

Create Features From Text File(テキスト ファイル → フィーチャ)
テキスト ファイル内の座標情報に基づき、フィーチャクラスを作成します。

Write Features To Text File(フィーチャ → テキスト ファイル)
フィーチャクラスのジオメトリを定義する座標値をテキスト ファイルに書き出します。

Batch Define Coordinate System(座標系定義のバッチ処理)
入力データセットの座標系定義のバッチ処理を実行します。

インストール方法
1. ダウンロードした zip ファイルを任意の場所に展開します。

2. ArcMap を起動します。

3. ArcToolbox 内で右クリックし、[ツールボックスの追加] をクリックします。
Image2

4. 先ほど展開した Sample Tools のフォルダへ移動し、SampleTools.tbx を選択し、[開く] をクリックします。
Image3

5. ArcToolbox 内で右クリックし、[設定の保存] → [デフォルトへ] (または[ファイルへ])をクリックし、ArcToolbox の設定を保存します。
Image4

注意事項

今回ツールのご紹介をさせていただきましたが、本ツールのユーザ インタフェースやヘルプは英語のみです。また、本ツールはサポート対象外となります。本ツールに関するご質問がある場合には、ArcGIS Resource Center のギャラリーから、直接、作成者へご連絡いただくようお願いいたします。
本記事は、ArcGIS 10 時点の内容であるため、今後のバージョンアップによって変更される可能性があります。


■関連リンク
ESRIジャパン製品ページ
・デスクトップ GIS:http://www.esrij.com/products/arcgis/desktop/arcgis-for-desktop/