Survey123 for ArcGIS の国内サポートを開始しました

ArcGIS Apps の新しい仲間として、今年の 6 月頃米国でリリースされたフォーム入力型の現地調査を行うためのアプリ、Survey123 for ArcGIS の国内サポートを、8 月 31 日から開始致しました。

2016/8/31のブログ記事の画像①

■Survey123 とは?

このアプリは、以下の 3 ステップで手軽に調査フォームによる現地調査を始めることができる製品です。

1. Survey123 Connect で、調査フォームを作成
Survey123 Connect は、Excel で調査フォームを作成するためのデスクトップ アプリです。Excel シートには、XLS Form という入力フォームの作成を簡略化するオープンソースのツールの入力形式に従って入力します。作成した調査フォームは、ArcGIS Online または Portal for ArcGIS に共有できます。

2. Survey123 for ArcGIS で、データを収集
Survey123 for ArcGIS は、データを収集するためのモバイル アプリです。Survey123 Connect で作成した調査フォームをデバイスにダウンロードして使用でき、オフライン環境でもフォームによる調査を行うことができます。

3. Survey123 Hub で、結果を集計
Survey123 Hub は、収集したデータの結果を自動的に集計し、確認するための Web アプリです。結果の一覧を、CSV や ファイル ジオデータベースとしてダウンロードすることもできます。

2016/8/31のブログ記事の画像②

現地調査のアプリとして、Collector for ArcGIS をご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、Collector が「地図にデータを入力」することに特化しているのに対し、Survey123 は「調査フォームにデータを入力」することに特化し、より直感的な操作で現地の情報を収集できるアプリです。

■はじめるには?

これらのアプリを使用するためには、ArcGIS Online の組織向けアカウント、もしくは Portal for ArcGIS のアカウントが必要です。また、Microsoft Excel、またはその他の表計算ソフトが PC にインストールされている必要があります。下記のページの「Survey123 スタートアップ ガイド」に詳細な手順を記載しておりますので、ご活用ください。

ArcGIS Online ドキュメント ページ

■国内サポートする動作環境について

動作環境につきましては、ヘルプ(英語)をご確認ください。このうち Survey123 Connect の Linux 版、Survey123 for ArcGIS の Linux 版と Windows Phone 版については、国内サポートを行いません。予めご了承ください。

Excel で調査フォームを作成できることから、GIS に慣れていない方でも、比較的簡単にフォームを作成し、フォームによる直感的な現地調査を行うことが可能です。ぜひ、皆さまの現地調査業務にお役立てください。

■関連リンク

Survey123 for ArcGIS

Survey123 for ArcGIS ヘルプ(英語)

ArcGIS Online ですぐに使えるアプリ