Esri Business Analyst 10.1 新機能紹介(1) ~フュージョン レポート~

先日リリースをした Esri Business Analyst 10.1 のお勧め新機能をシリーズで詳しく紹介していきます。第1回は「フュージョン レポート」を紹介します。

「どこに出店すればいいのか?」
「この店舗の品揃えはどのようにしたら最適か?」

このような悩みに、商圏内の人口や世帯情報などを見やすくまとめた商圏レポートを活用することが効果的です。多くのエリア マーケティング ソフトには通常、定型のレポートが付属しますが、業態や目的に応じて必要となる情報はまちまちで、年収などの追加情報が必要になることが大半です。その際、通常ではレポートのカスタマイズにはかなりの労力を必要とします。

Business Analyst では旧バージョン(10.0)から定型レポートのカスタマイズや新規作成が可能でしたが、レポート項目をひとつずつ設定する必要があったため、例えば「このレポートとこのレポートを組み合わせたレポートを作成したい」といった場合など、多くの手間がかかることもありました。今回のバージョンアップでは [フュージョン レポート デザイナ] が追加され、Business Analyst 付属のレポート テンプレートとそこに含まれる項目をドラッグ アンド ドロップといった対話的な操作で簡単に再利用できるようになりました。もちろん付属のレポート テンプレートだけでなく、カスタムで作成した独自のレポート テンプレートも同様に再利用可能ですので、例えば人口と年収レポートを組み合わせた新たなレポート テンプレートを手軽に作成できるようになりました。

Img1_3

また、[フュージョン レポート デザイナ] ではポイント データもレポートに組み込めるようになりました。この機能を活用することで、例えば、競合店ポイントをレポートに追加し、簡単に周囲の競合店の情報もレポートに含められるようになりました。さらに、ポイント データに売場面積などの情報があれば、その情報を集計した値をレポートに入れることもできます。

Img2_3

このように複数のレポートを組み合わせて、必要な情報だけをレポート上に表示させて、出店評価などのさまざまな意思決定を迅速に行えるようになります。Business Analyst は、地図上をクリックするだけで簡単に商圏作成からレポートの出力を行えますので、これらの機能を活用してあなたのビジネスを加速させてみませんか?

■関連リンク
Esri Business Analyst 製品情報
・ArcGIS ブログ:エリアマーケティング特化型製品 Esri Business Analyst 10.1 をリリースしました!