何ができるの? ArcGIS Spatial Analyst – サーフェス –

ArcGIS for DesktopArcGIS EngineArcGIS for Server、あるいは ArcGIS Runtime のエクステンションの 1 つである ArcGIS Spatial Analyst の機能紹介第 5 回です。今回は、サーフェス解析についてご紹介します。

サーフェス解析は、数値標高データ(DEM)データから、傾斜角、傾斜方向、コンターなど地形の特徴を表現するデータを作成するツールです。サーフェス解析を行う事で、例えばハザードマップを作成するための地形条件を抽出することができます。

1

サーフェス解析には、地形の特徴を表現するデータを作成するツールの他に、ある地点から見える場所を算出したり、ある地点を見る事のできる場所を算出する解析機能もあります。例えば、[観測ポイント] ツールを使用すると、ある地点を見ることのできる場所を算出することができます。10m メッシュの DEM データから東京スカイツリーが見える場所を解析すると、下図のような結果となります。

2

※ 建物の高さは考慮していません

関連リンク
事例:
ラリー・ポーランドはクルクリンの森林環境を悪化させるのか
北アルプス・雲ノ平における地理空間情報技術を援用した植生復元活動

ArcGIS ブログ:
東京スカイツリーはどこまで見える?
東京スカイツリーと花火を一緒に見よう! 

ヘルプ:
サーフェス(ArcGIS ヘルプ)

トレーニング:
Spatial Analyst 解析 トレーニング