ArcGIS Online(2017年 9 月アップデート)の新機能情報

2017 年 9 月 21 日に、クラウド GIS である ArcGIS Online の最新バージョンをリリースいたしました。主な新機能をご紹介します。

マップ ビューアー

・クラスタリング

ポイント データをクラスタリングして表示する機能が追加されました。クラスタリングとは、多数のポイントをマップに表示する際に、一定の距離内のポイントを 1 つにまとめることで視覚的にわかりやすくする機能です。クラスタリングされたポイントをクリックすると、いくつのフィーチャがまとめられたのか、ポップアップで確認することが可能です。

クラスタリング

・ポップアップの画像の更新間隔

画像をポップアップに追加するときに、更新間隔を設定するオプションが追加されました。 このオプションを使用すると、ポップアップで、頻繁に更新される画像を指定間隔 (分単位)で更新し表示することができます。 たとえば、このオプションを使用して、トラフィック カメラで取得した画像を更新できます。

ポップアップ

・新しいシンボル セットの追加

ポイント シンボルに「地方自治体」、「州政府」、「危機管理」の新しいシンボル セットが追加されました。

シンボル

シーン ビューアー

・ポイント クラウドのスタイル設定

スマート マッピングを使用して、ポイント クラウド レイヤーをスタイル設定できるようになりました。 データ属性に基づいて、標高、強度、クラス コード、トゥルー カラーによって、レイヤーを表示できます。

ポイントクラウド

・標高のオフセット機能の追加

新しい標高オフセット オプションを使用して、地表の建物(3D オブジェクト)レイヤー、3D メッシュ レイヤー、およびポイント クラウド レイヤーの垂直方向の配置を調整できるようになりました。

標高オフセット

・鉛直座標系のシーン レイヤーのサポート

鉛直座標系を設定したシーン レイヤーを利用できるようになり、3D データの重ね合わせの精度が向上しました。

・WMS レイヤーのサポート

シーン ビューアーで OGC Web Map Service(WMS)レイヤーがサポートされるようになりました。WMS レイヤーがポップアップや凡例を提供している場合は、シーン ビューアーでも表示できます。

コンテンツ

ESRIジャパンで提供している日本地域の統計データを、マップ ビューアーの [追加] → [Living Atlas レイヤーの参照] → [人口統計とライフスタイル] カテゴリから追加できるようになりました。また、[解析] → [レイヤーの情報付加] ツールでもこれらのレイヤーの統計値を利用可能です。

Web アプリ テンプレート

  • 新規にマップ スタイラーおよびシーン スタイラー テンプレートが追加されました。
  • Crowdsource Reporter で、ユーザーからの新しいレポート、コメント、または投票の受付を停止できるようになりました。
  • パブリック ギャラリーが開発終了バージョン サポートになりました。 作成したアプリは引き続きご利用いただけますが、今後は「マップおよびアプリケーション ギャラリー」または「ミニマル ギャラリー(ベータ版)」 の使用をご検討ください。

Web AppBuilder for ArcGIS

  • レイヤーの属性や統計情報をチャートに表示するインフォグラフィックス ウィジェットに以下のオプションが追加されました。
    • [レイヤーのシンボルを使用] オプション:レイヤーに設定されたシンボルの色をチャートで使用します。マップに表示されたデータと同じ色でチャートに表示することで容易にデータを紐づけて認識することができます。
    • [最小期間] オプション:チャートに表示する日付データの最小期間を選択します。
    • [並べ替え] オプション:[ラベル] または [値] をもとに、表示順をソートします。

インフォグラフィック

  • ブックマーク ウィジェットは、ブックマークの表示形式をカードまたはリストから選択することができるようになりました。また、追加したブックマークの順序を変更したり、ユーザーにブックマークの追加を許可するオプションが追加されたりしました。
  • フィルター ウィジェットに、ウィジェットを開くとき、条件式を折りたたんで表示するか選択するオプションが追加されました。複数の条件式を設定している場合、すべての条件式を一目で把握しやすくなります。
  • ポップアップからスマート エディター ウィジェットを開くことが可能になり、ウィジェットへのアクセスが容易になりました。

注)バージョンアップされた内容を確実にご利用いただくために、お使いの Web ブラウザーのキャッシュ(インターネット一時ファイル)を削除してください。主な Web ブラウザーのキャッシュ削除方法については、以下のリンク先をご参照ください。

新機能の詳細につきましては、ArcGIS Online ヘルプをご参照ください。

関連リンク

ArcGIS Online ヘルプ

ArcGIS Online 製品ページ

フォローする