居住環境と生活習慣の関係性を紐解くことで新たな健康づくりを提案

島根大学プロジェクト研究推進機構疾病予知予防研究拠点では、GIS を活用し、人口密集地からの距離と高血圧の関連についての研究を行いました。遺伝素因や生活習慣に示される「どのような個人であるか」という議論に加え、「どのような場所に住んでいるか」という居住環境が高血圧に及ぼす影響を取り上げます。

詳細は活用事例: 「居住環境と生活習慣の関係性を紐解くことで新たな健康づくりを提案」(島根大学プロジェクト研究推進機構 疾病予知予防研究拠点)をご覧ください。

道路ネットワーク距離に基づく3分位