奈良県における病院再編後の脳梗塞救急診療体制に関する地理的分析

日本人の死亡原因の上位を占める脳血管疾患。その一つである脳梗塞は、発症後 4.5 時間以内に rt-PA 療法を受けると、大きな治療効果が期待できると言われています。奈良県立医科大学地域医療学講座では、奈良県内での脳梗塞予測発症数等を踏まえ、拠点病院の移転および新設で生じる rt-PA 応需病院の人口カバー状況の変化を GIS でシミュレーションしました。

詳細は活用事例: 「奈良県における病院再編後の脳梗塞救急診療体制に関する地理的分析」(奈良県立医科大学地域医療学講座)をご覧ください。
Rtpa_2