課題解決型 GIS トレーニング

GIS 先進自治体として知られ、一貫したボトムアップ方式で GIS 利用に取り組んでいる横浜市。 Web GIS と個別の GIS との役割分担を明確化している同市では、基礎レベル(基礎知識と Web GIS でのマップ作成)、初級レベル(行政課題解決)、中級レベルといった独自の GIS 研修モデルを作成し、実務に対応した GIS 研修を実践しています。2012 年には、様々な業務を所管する区・局から 300 名あまりが参加しました。その GIS 研修の内容とは。
詳細は活用事例: 「課題解決型 GIS トレーニング」(横浜市 政策局 政策課)をご覧ください。Living_environment_assesssment_ma_9