Collector for ArcGIS をリリースしました!

Collector for ArcGIS を 1/14(火)に国内サポート開始しました。Collector for ArcGIS は現地調査に最適な GIS データ収集用アプリケーションで、スマートフォンおよびタブレット(iOS・Android)に対応しております。また ArcGIS Online 組織向けプランに無償で付属する製品です。*1
ArcGIS の地図表示機能やデータ収集機能とモバイル端末のもつ GPS、カメラなどの機能とが連携し、どなたにでもわかる簡単な操作で現地の調査結果を地図上に記録することができます。
1_4   
*1 ArcGIS Online 組織向けプランをお持ちでない方も操作をお試しいただけるトライアル モードがございます。その方法も合わせてご紹介します。

■特長
データ収集
フィーチャ(ポイント・ライン・ポリゴンの図形情報や属性情報)の登録・変更・削除が可能です。その場で撮影した写真*2も添付できます。

収集に便利な機能として他に距離や面積の計測や、GPS を利用した現在位置の取得などの機能があります。
6_5  
*2 iOS は動画の添付もサポートしています。

マップの操作
豊富なベースマップの中から業務に合ったものを選択して切り替える機能、レイヤのオン/オフ機能、あらかじめ登録した範囲に地図を移動させるブックマーク機能などがあります。
3_5   
便利な機能
さらに Collector for ArcGIS は単なるデータ収集アプリケーションだけでない機能も備えております。たとえば、現在位置から目的地までの最適なルート検索機能、現在位置を定期的に記録する(トラッキング)機能などがあります。
4_5   
■トライアル モード
Collector for ArcGIS のデータ収集の一連の操作を ArcGIS Online (組織向けプラン) のアカウントをお持ちでなくともお試しいただくことができるトライアル モードについてご紹介します。
トライアル モードではあらかじめ用意されているサンプルの Web マップを参照・更新できます。GIS データ収集用のアプリケーションをお探しの方はぜひ一度お試しください(トライアル モードでは一部ご利用いただけない機能もございます)。

トライアル モードでデータ収集を体験するにはまず、Collector for ArcGIS をダウンロード サイトより入手し起動します(どなたでも無償で入手可能です)。「使ってみる(Android)」・「試してみる(iOS)」をタップすると、トライアル モードで起動します。
5_6   
データ収集方法などの操作方法についてはスタートアップ ガイドをご参照ください。

Collector for ArcGIS をご使用いただけば、データ収集の効率が上がり、コストの削減にも寄与します。データ収集アプリをお探しの方必見です。国内サポート開始されたこの機会にCollector for ArcGIS の活用をぜひご検討ください。

詳しい機能紹介などは製品の詳細ページにてご確認ください。

■関連リンク
Esri 社(米国)Web サイト
Collector for ArcGIS

ESRI ジャパン Web サイト
ArcGIS Online