ArcGIS for Server 管理ツールのご紹介(参考情報)

(本記事は Esri社(米国)のブログ記事「Downloadable tools for ArcGIS Server administration」を翻訳、抜粋したものです)

注:本記事の内容は正式サポート範囲外であり、あくまでも技術的な参考情報としてご提供するものです。

バージョン 10.1 より ArcGIS for Server 管理の自動化はより簡単なものとなりました。自動化を可能にする ArcGIS Server Administrator API は ArcGIS for Desktop や ArcGIS Server Manager(ArcGIS for Server 付属の管理ツール)と同様の管理作業を実行できるよう設計されています。また RESTful な API であるため、管理作業を実行するためのサーバ側の機能を呼び出すリクエストをプログラミングにより生成することができます。

この API を使用し作成されたツール(ArcGIS Server Administration Toolkit, 英語)が ArcGIS Online より公開されています。これらのツールは Python スクリプトで記述されており、ArcGIS for Server を管理する上で幅広く使用できます。例えば、
・サービスを開始 / 停止するツール
・ログの設定を変更するツール
・SOE(Server Object Extension)を登録するツール
・サービス定義ファイルからサービスを公開するツール
などさまざまです。ArcGIS for Desktop のモデルを作成、編集、および管理するためのアプリケーションである ModelBuilder によってこれらのツールを組み合わせて利用したり、単独で実行したりすることができます。

Image1

開発者の方は Python スクリプトを必要に応じて修正し、カスタマイズすることで機能を拡張することが可能です。また、ArcGIS Server Administrator API は Python スクリプトからの使用にとどまらず、他の言語においても HTTP プロトコルを使用して呼び出すことが可能です。

一日の終わりにサービスを停止し、再度起動させるスタンドアロン タイプのツールとしても使用することができます。ツール内に付属する .exe ファイルを呼び出すバッチファイルを作成し Windows のタスクスケジューラに組み込むことで、ArcGIS もしくは Python がインストールされていないマシンからでも遠隔的にこれらの管理作業を実施することができます。

これらのツールが ArcGIS for Server 管理作業の手助けとなること、これから新しい独自ツールの開発のスタートとなるべきものになれば幸いです。

本スクリプトツールはサンプルツールとして提供しており、スクリプトの内容に関するご質問はお受けできませんのでご了承ください。
また、本サンプルを使用して生じたいかなる障害についても弊社では責任を負いかねますことを予めご了承願います。

補足
ArcGIS Resources では ArcGIS REST API を使用してサーバを効率的に管理するためのサンプル スクリプトが多数紹介されています。詳しくはこちら

■関連リンク
・ArcGIS for Server:http://www.esrij.com/products/arcgis/server/arcgis-for-server/
・ArcGIS Server 管理のスクリプト作成:http://resources.arcgis.com/ja/help/main/10.2/index.html#//0154000005p3000000