地図表現を楽しもう!ほたるスタイルをダウンロードして使ってみよう!

そろそろほたる鑑賞の季節がやってきますね。先日、「地図表現を楽しもう! Esri こだわりの地図表現をピックアップしてご紹介します!」の記事で、Esri のブログ サイトで紹介されている ArcGIS Pro での地図表現をピックアップしてご紹介しました。

今回は、ArcGIS Pro で使える素敵な「ほたるスタイル」の使い方をご紹介します。スタイル ファイル (*.stylx) が配布されていますので、すぐにお試しいただけます。

■ほたるスタイル (Firefly.style)

ほたるスタイルは、ポイント、ライン、ポリゴンに適用可能なシンボルのスタイルで、ArcGIS Pro に追加して使用できるスタイル ファイル (Firefly.stylx) が配布されています。以下のカラーチャートにある 20 色+白色を利用できます。また、ライン シンボルは実線と破線の 2 種類用意されています。

01_ColorWheel

02_FireflyStyle

■ArcGIS Pro でのスタイル ファイルの使い方

1. Firefly ArcGIS Pro Symbology にアクセスします。

2. [ダウンロード] をクリックして、「stylx」を任意の場所にダウンロードします。

03

04

3. ArcGIS Pro を起動してサイン インし、任意のプロジェクトを作成または開き、データを表示します。

4. [マップ] タブ → ベースマップのドロップダウン リストから、「キャンパス (ダーク グレー)」を選択します。

05

5. 先ほどダウンロードしたほたるスタイルを追加します。[挿入] タブ → [追加] → [スタイルの追加] をクリックします。

06

6. [スタイル ファイルの追加] ダイアログで「Firefly」を選択して [OK] をクリックします。

07

7. [コンテンツ] ウィンドウでシンボルをほたるスタイルにしたいデータを選択し、[表示設定] → [シンボル] をクリックします。※今回はライン データに設定してみます。

09

8. [シンボル] ウィンドウで変更したいシンボルをクリックすると、ギャラリーに「Firefly」のシンボルが追加されていますので、そこから任意のほたるシンボルを選択することができます。

10

9. ESRIジャパン データコンテンツのスターターパックに含まれる道路線にシンボルを設定してみると、、、

11

綺麗ですね。

ほたるスタイルを使えば、他にもさまざまな地図表現を行うことができます。

・ライン データへのほたるシンボル (破線) の適用例

12

・ポリゴン データへのほたるシンボルの適用例

13

・ポイント データへのほたるシンボルの適用例

14

15

いかがでしたでしょうか。こだわりはじめるととまらなくなってしまいそうですが、ぜひご活用ください。

また、データの可視化や地図表現については、GIS コミュニティフォーラムのプレフォーラムにて行われる「ArcGIS Pro とオープンデータでやってみよう!データの取り込みと可視化」のセッションでも紹介する予定です。

日時:5 月 23 日 (水) 16:50 ~ 17:30

場所:東京ミッドタウン (六本木) タワー 4 階 ルーム 9

データの表現、地図表現に興味のある方はぜひご参加ください。

■関連リンク

Steal This Firefly Style Please (英語ページ)

https://www.esri.com/arcgis-blog/products/arcgis-pro/mapping/steal-this-firefly-style-please/

ArcGIS BLOG (英語ページ)

https://blogs.esri.com/esri/arcgis/