これは使える!Esri Maps for Office の便利な機能ー前編(空間検索)

Excel は顧客管理、施設管理、在庫管理、実績管理などのさまざまな用途でデータを整理し、グラフに可視化して評価することができる一番身近なツールです。その Excel に地図を導入し、『位置』という視点をもっと活用できるようにするのが Esri Maps for Office です。たとえば「管理物件データを小学校区別に集計」して評価をすることもあります。でも小学校区の情報がない?ひとつひとつ調べて追加するのは面倒?・・・そういうときは、地図を使えば便利です。

Overview
Excel の管理物件データをマッピングし、ArcGIS Online に公開した小学校区のフィーチャ サービスを利用して小学校区のエリアの重なる管理物件ポイントを空間検索することで、物件データに対応する小学校区の情報を確認・付与することができます。
本ブログではその方法をご紹介します。

では空間検索をして、物件データに小学校区の情報を列として追加していきましょう(小学校区のデータは国土数値情報のダウンロードサイトよりシェープファイルで取得することができます。本データをフィーチャ サービスとして公開して利用しています。)。

まず、空間検索までの手順は下記の通りです。

1. 公開したサービス名を作業ウィンドウの検索ボックスに入力して検索します。
2. 検索結果から、小学校区のフィーチャ サービスを追加します。
3. マッピングした物件データ周辺を表示します。

Mapping1_2
さて、これで空間検索をする準備ができました。実際に空間検索をしてみましょう。

1. [Esri Maps] リボンメニューの [選択] をクリックして、選択ウィンドウを表示します。
2. [レイヤで選択] のドロップダウンで小学校区のポリゴンを選択し、Selectionbtnをクリックします。
3. マップ上で矩形を描いて小学校区をひとつ選択します(このとき、矩形はその小学校区のフィーチャ内に収まるように描いてください)。

Selection0_2
4. [選択セットの近傍を検索] ボタンをクリックし、メニューの [検索内容] ドロップダウンから物件のレイヤを選択します。
5. [円の半径] のテキストボックスに [0](小学校区と重なる部分のみを検索するため)を入力して、[検索] ボタンをクリックします。

これで空間検索は終了です。検索結果がマップ内で選択されました。

Selection1
6. [戻る] をクリックして、[レイヤで選択] ドロップボックスから物件のレイヤを選択します。
7. [選択レコードを表示] をクリックします。

すると、空間検索の結果に対応する Excel の行が選択されます。

8. 選択範囲のセルを任意の色で塗りつぶします。
9. テーブル フィルターで [色フィルター] をクリックして先ほど選択した行のみを表示させます。

最後に、選択に利用した小学校区の情報(小学校区名称、FID(一意のキーは次回で利用))をポップアップで確認し、任意の列に小学校区の情報を入力してコピー・貼り付けを行えば新たな位置情報が付与されたデータができあがります。

Selection3
地図と Excel を使うからこそできる操作です。他にも担当エリア、メッシュ、他の集計エリアのサービスを ArcGIS Online で共有していれば、それらの情報も利用することができます。元の物件データにはなかった小学校区の列が追加されたところで、次は小学校区別に集計して、なおかつ地図にも表示したい・・・そんなときに使えるちょっと便利な機能を次回ご紹介します。

先日リリースした Esri Maps for Office 2.1.3 で、新機能追加および機能改善によりさらに使い易くなりました。是非 Esri Maps for Office をご活用ください。

※Esri Maps for Office は ArcGIS Online 組織向けプランご契約で利用可能な製品です。また、ArcGIS for Desktop の保守サービスが有効な方、もしくは ArcGIS Online トライアル版のご利用の方もお試しいただけます。

■関連リンク
ブログ:
Esri Maps for Office バージョン 2.1.3 をリリースしました!
ArcGIS Online でなにができる?(Esri Maps for Office)

Web ページ:
Esri Maps for Office 製品ページ
Esri Maps for Office ヘルプ
アイテムの追加(ArcGIS Online ヘルプ)