ArcGIS 3D Analyst で TIN サーフェスデータを使ってみよう!解析編

以前のブログで TIN データを作成、編集できるツールをご紹介しました。
今回は、作成した TIN データを解析してみましょう。3D Analyst ツールには、下図のような TIN データの解析に特化したトライアングル サーフェス ツールセットがあります。このツールセットの中からいくつかのツールをご紹介します。

Imag1

TIN サーフェス間で立ち上げ
TIN サーフェス間を補間し、3D フィーチャを作成します。
例:地質調査のボーリング情報や断面図情報から3次元の地質モデリングの作成に利用できます。

サーフェス傾斜角
斜面の傾斜角度を出力します。
例:住宅建設や防災などの地形調査の指標の一つとして利用できます。

サーフェス傾斜方向
傾斜の向いている方向を出力します。
例:日射の影響評価の指標の一つとして、また、地形解析などに利用できます。

ポリゴン体積
高さデータを持ったポリゴンデータがあれば、TIN データとポリゴン間の体積と表面積を算出します。
例:地形の変化や堆積物の調査における堆積物の体積計算に利用できます。

TIN データを解析するためのツールはほかにも、以前のブログでご紹介した断面図の作成ツールがあります。ご紹介したツールを使用することで、TIN データを使用した地形解析や地層断面図の作成、地形を考慮した堆積物の可視化などを行うことができます。またこれらのツールは、ジオデータベースで構築される TIN の拡張サーフェスモデルであるテレインにも利用できますので、ぜひご活用ください。

■関連リンク
TIN サーフェス用のジオプロセシング ツール(ArcGIS ヘルプ)