Python を使って ArcGIS での作業効率を上げよう!

この度、6 月 27 日に「ArcPy スタートアップ ガイド」を公開しました! ArcPy は、プログラム言語である Python を使用して、ArcGIS を操作するために Esri が開発した API です。 ArcPy を使用すると Python で ArcGIS のマップ作成やフィールド演算、ジオプロセシング ツールといった、ArcGIS 独自の機能が実行可能になります。

また、以下のように ArcGIS 上で地理データを操作する便利なプログラムを開発することができ、作業の効率化が図れます。
Python の条件分岐(if 文)や繰り返し(for 文)の構文を使用して、繰り返し作業を自動化できる
スクリプト ツールと呼ばれる独自のジオプロセシング ツールを作り、モデルへ組み込むことができる

このスタートアップ ガイドは、ArcGIS 10.2 for Desktop をお持ちの方を対象に、これから ArcPy を利用した開発を始めるためのドキュメントです。ArcPy の使用方法をチュートリアル形式でわかりやすく習得できるよう説明しています。

Image_01

Image_02
ArcGIS をインストールすると、同時に Python も標準でインストールされるため、ArcGIS をお持ちの方ならどなたでもご利用いただけます。
・ArcPy に興味はあるけど、どこから手を付けたらいいか分からない
・ArcPy でどんなことができるのか知りたい
という方は、ぜひこのスタートアップ ガイドを一読していただき、ArcPy を始めるきっかけにしてみてください。

■関連リンク
ESRIジャパン Web サイト
・ArcPy スタートアップ ガイド:http://www.esrij.com/products/arcgis-for-desktop/documents/
・ArcGIS for Desktop :http://www.esrij.com/products/arcgis-for-desktop/