ArcGIS for Desktopの対応データと変換ツール(ラスタ・Web 編)

ArcGIS for Desktop ではさまざまなデータ フォーマットに対応しており、直接参照したり変換したりして ArcMap に取り込み利用できます。 ArcGIS for Desktop の対応データについてはこちらを参照してください。

国土地理院から提供されているデータの中からラスタ形式と Web で提供されているデータ(下記表の上段)とその変換ツールについてご紹介します。ツールは製品サポート サイト(ログインが必要です)で公開しています。

01_2

・数値地図 25000(地図画像)、数値地図 50000(地図画像)、数値地図 200000(地図画像)

国土地理院が発行している 2万5千分の1 、5万分の1、20万分の1 地形図をスキャナーを用いて数値化した画像データ(ラスタデータ)です。フォーマットは、TIFF 形式です。25000、50000 については 1 図葉単位で購入することができます。
近年は更新されていません。

数値地図画像変換ツール
地図画像データの幾何補正(位置合わせ)などを自動化するツールです。変換を行なうと、出力先フォルダに幾何補正済みの新規画像データが出力されます。ダウンロードはこちら

02_4

・電子地形図 25000

国土地理院が発行している 2万5千分の1 地形図の電子版です。最新の更新内容が適宜反映されます。購入者が、欲しい場所を欲しい大きさで自由に切り取ったり、地物の表現を選択したりすること(オンデマンド)ができ、1 画像から購入することができます。数値地図 25000(地図画像)の 2 倍の解像度を持っており、地図の画質が向上しています。

電子地形図 25000 変換ツール(ArcGIS 10.1 ~)
電子地形図 25000 の画像データに投影法を定義し、整飾の切り取り、ラスタ カタログを作成できるツールです。電子地形図 25000 の定形図郭版(2 次メッシュ単位の画像)のオンライン版、DVD 版に対応しており、TIFF 形式、JPEG 形式が変換できます。ダウンロードはこちら

03_3

・地理院地図

国土地理院が地理院タイルとして公開している背景地図です。利用規約に従えば誰でも無償で利用できます。

地理院地図対応ツール(ArcGIS 10.2 ~)
地理院地図で公開しているタイルを、ArcGIS for Desktop で背景地図として追加し、利用することができます。新しいタイルが公開される度に更新されます。ダウンロードはこちら

04_2

 ぜひ、ツールをご活用ください。次回は、ベクトル データ編をご紹介します。

■関連リンク
2014 年に公開、更新されたツールアクセスランキング発表
地理院地図対応ツールを公開しました!!
地理院地図対応ツールを更新しました – 空中写真タイルを追加
噴火を続ける西之島 ー地理院地図対応ツールを使って変化を見てみようー