ArcGIS 10.3 for Desktop 対応の国内データ変換ツールについて

最新の 10.5 対応の国内データ変換ツールはこちら→ ArcGIS Desktop 10.5 対応の国内データ変換ツールについて

ArcGIS 10.3 for Desktop では、これまでのバージョンと同様に、各種の変換ツールや対応ツールを国内対応パックやダウンロード ツールとして提供しています。

国内対応パック
国内対応パックには、日本国内でよく使われているデータ形式の変換ツールが含まれています。インストールすると ArcToolbox に [変換ツール(国内データ)] ツールセットが追加され、ジオプロセシング ツールとして利用できます。

Tool

<前バージョン 10.2.2 からの変更点>
・2014 年 7 月より、国土地理院からの基盤地図情報の提供形式がJPGIS 2014 (GML) 形式に一本化されたため、[基盤地図情報のインポート]、[基盤地図情報へエクスポート] ツール を削除しました。
・[基盤地図情報 (GML) のインポート] ツールは、[国土地理院] ツールセットに移動しました。
・[数値地図(国土基本情報)(GML)のインポート] ツールを [国土地理院] ツールセットに追加しました。

ダウンロード ツール
Esri 製品サポート ページにおいて、以下のツールをダウンロードしてご利用いただけます。
ArcGIS 10.3 for Desktop では、全てのダウンロード ツールにおいて、10.3 対応版を再度インストールいただく必要があります。
これらのツールをダウンロードするには、Esri 製品サポート ページにてログインが必要です。
地理院地図対応ツール
ジオメトリ変換ツール
電子地形図25000 変換ツール
数値地図データ変換ツール
数値地図画像変換ツール
Zmap-AREAⅡ対応ツール
Zmap-TOWNⅡ 対応ツール
GEOSPACE CDS 対応ツール
・河川地図対応ツール(近日公開予定)