ArcGIS Pro 1.1 SDK for .NET をリリース

10 月 27 日付けで ArcGIS Pro 1.1 SDK for .NET の国内サポートを開始しました。

ArcGIS Pro SDK for .NET は ArcGIS Pro を拡張するための開発キットです。ArcGIS Pro SDK for .NET を使用すれば、ArcGIS Pro のユーザー インターフェイスをカスタマイズしてより操作しやすくしたり、新しい機能を開発して ArcGIS Pro に追加したりすることができます。ArcGIS Pro を業務フローにあわせて使いやすく拡張することで作業を効率化し生産性を高めることができます。

ArcGIS Pro SDK for .NET を使用した開発には標準的な開発言語である C#/VB.NET を使用します。開発環境として Visual Studio をサポートしており、開発するボタンやウィンドウに対応した豊富なコントロール テンプレートも提供しています。また開発した機能はアドインとして配布し複数のユーザーで簡単に共有することができます。

Pro_sdk_01_2

ArcGIS Pro をカスタマイズするための新しい開発キット
現在、Windows プラットフォームの開発キットとしては ArcGIS Pro SDK for .NET の他に ArcGIS for Desktop/ArcGIS Engine の開発コンポーネントである ArcObjects や Windows デスクトップ/タブレット上で動作する軽量 GIS アプリケーションを開発するための ArcGIS Runtime SDK for .NET が提供されています。同じ ArcGIS 製品の開発キットとして ArcGIS Pro SDK for .NET はこれらの開発キットと開発パターンにおいて多くの共通点を持ちますが、開発言語としての互換性はありません。ArcGIS Pro SDK for .NET は 3D 対応や 64-bit およびマルチスレッド対応により高パフォーマンスを実現した新しいデスクトップ GIS アプリケーションである ArcGIS Pro をカスタマイズするためのまったく新しい開発キットです。

Pro_large_3

ArcGIS Pro SDK for .NET による開発をはじめるには

ArcGIS Pro SDK for .NET は ArcGIS Pro をお持ちの方であればどなたでもすぐに利用することができます。開発キットのインストーラーは ArcGIS Pro のダウンロードページ(※)からダウンロードすることができます。また Visual Studio の拡張機能としてインストールすることも可能です。詳細は ArcGIS Pro SDK for .NET インストールガイドをご参照ください。また GitHub 上に ArcGIS Pro SDK for .NET のサンプル集が公開されています。はじめて SDK を使用する場合はまずこのサンプルを動作させてみることをお勧めします。

※ ESRIジャパンサポートサイトへのログインが必要です。

今後 ESRIジャパンも ArcGIS Pro SDK for .NET のサンプルや日本語リソースを順次拡充していきます。ArcGIS Pro をご自身の業務にあわせてさらに使いやすくするために ArcGIS Pro SDK for .NET をぜひご活用ください。

■関連リンク
ESRIジャパン Web サイト:
ArcGIS Pro

Esri 社 Web サイト:
ArcGIS Pro SDK
ArcGIS Pro SDK コンセプト(GitHub)
ArcGIS Pro SDK サンプル集(GitHub)