道路標識の効率的な管理に位置情報とバーコードを利用

米国アイオワ州エイムズ市の公共事業部は、市内に設置された 9,500 枚の交通標識の管理を担っています。交通標識は、一つの標識柱に複数設置されていることが多く、各標識に関する保守履歴や点検記録といった資産情報の管理が難しいことが課題となっていました。また、国や州が定める交通標識規定に準拠しているか定期的に確認する必要があり、効率的な情報収集とデータの一元管理の実現が急務となっていました。

Image_1

エイムズ市は、パートナー企業と共同で iPad で利用できる GISAssets アプリケーションを開発しました。迅速かつ簡単に標識を特定する方法の確立と管理業務の効率化を図るため、GISAssets ではバーコードと位置情報を組み合わせた標識管理の仕組みが採用されました。

Image_2

交通標識管理業務にどのようにバーコードが活用され、業務効率化はどのような形で進んだのか。続きは「バーコードと位置情報を利用して交通標識を効率的に管理」(アイオワ州エイムズ市)をご覧ください。

関連リンク

・事例:「道路管理業務の効率化で安全で快適な走行空間を」 (西日本高速道路エンジニアリング九州株式会社)
・事例:「道路台帳管理システム導入による道路管理業務の効率化・高度化」 (小野市地域振興部 道路河川課)