Web AppBuilder for ArcGIS(Developer Edition)バージョン 1.3 をリリースしました!

Web AppBuilder for ArcGIS(Developer Edition)の最新バージョン 1.3 をリリースしました。今回のバージョンアップでは、属性の一括編集や画像計測といった新しいウィジェットが追加されたほか、いくつかのウィジェットの機能拡張が行われました。以下では、本バージョンにおける新機能、機能拡張の一部をご紹介します。

属性の一括編集ウィジェット
複数のフィーチャの共通の属性情報を同時に編集することができる属性の一括編集ウィジェットが追加されました。フィールド名が同じであれば、レイヤーが異なるフィーチャでも同時に編集することが可能です。

Batchattributeeditor

画像計測ウィジェット
画像計測ウィジェットはセンサー情報を持つ画像データから距離や面積、重心などを計測することができるウィジェットです。画像データにセンサー モデルが含まれている場合、高さも取得可能です。

Imagemeasurement

その他の機能拡張/仕様変更
・検索ウィジェットの機能拡張:以下のオプションが追加されました。
・現在のマップ範囲内のみを検索
・標準のプレースホルダー テキスト
・検出されたフィーチャまたは位置のポップアップを表示
・編集ウィジェットの機能拡張:Web マップ上で構成した属性フィールドの設定情報が編集ウィジェットに継承されるようになりました。
・アプリケーションの状態の保存:マップの表示範囲やレイヤーの表示・非表示などのアプリケーションの状態がブラウザーを閉じる際に自動的に保存されるようになりました。アプリケーションを開くと前回の終了時と同じ表示状態で始められます。

■関連リンク
ESRIジャパン Web サイト:
Web AppBuilder for ArcGIS (Developer Edition)
Esri 社(米国)Web サイト:
Web AppBuilder for ArcGIS (Developer Edition)