ArcGIS Runtime SDK for Android バージョン 10.2.8 をリリース

5 月 19 日付で ArcGIS Runtime SDK for Android の新バージョン 10.2.8 を国内サポート開始しました。
今回のバージョンアップでは SDK の OpenSSL のバージョンを 1.0.2g に更新し、セキュリティの脆弱性に対処しました。
このアップデートによって第三者が遠隔操作によって不正に重要な情報を取得しようとすることを防ぎます。以前のブログ記事「アプリを最新版に保つことのメリットは?」でもお伝えした通り、最新バージョンへのアップデートを推奨いたします。

なお、これから ArcGIS を用いて地図アプリを作ってみたいとお考えの皆さまに、ArcGIS for Developers 開発リソース集を公開しています。ここでは GIS アプリ開発に必要なリソースを無償で使用するためのサービスの紹介や実際にサンプル コードを動かしてみる手順が記載されています。こちらも合わせてご参照ください。

■関連リンク
ESRIジャパン Web サイト:
ArcGIS Runtime SDK for Android
Esri 社 Web サイト:
・リリース ノート
ArcGIS Runtime SDK for Android