GPX ファイルを使って Web マップを作る

GPS のデータの記録形式に、GPX というファイル形式があります。GPS のデータをやり取りする際の標準的な形式で、ウェイポイント(地点)と、トラック(軌跡)の情報で構成されています。近年はスマートフォンの普及に伴って、サイクリングや登山の軌跡を GPX ファイルとして出力、保存することも容易になってきました。

GPX ファイルがあれば、ArcGIS Online で簡単に Web マップを作ることができます。本ブログでは、GPX ファイルを使用した最も簡単な Web マップの作成方法をご紹介します。

1. ArcGIS Online にサイン インします。

2. [マップ] をクリックして、マップ ビューアーを開きます。

3. [追加] → [ファイルからレイヤーを追加] をクリックします。

1

4.  [参照] もしくは [ファイルの選択] をクリックし、GPX ファイルを選択します。選択したら、[レイヤーのインポート] をクリックします。

2

5. GPX ファイルが、レイヤーとして追加されます。

3

6. [保存] → [名前を付けて保存] をクリックし、適当な Web マップのタイトルと、タグを入力し、[保存] をクリックします。

★参考★ドラッグ&ドロップで GPX ファイルを追加

Google Chrome もしくは FireFox のブラウザーをお使いの場合、マップ ビューアーに GPX ファイルをドラッグ&ドロップして追加することもできます。

 4

 

こちらの北アルプスの蝶ヶ岳 ハイキングのストーリー マップも、上記と同様の手順で作成した Web マップを使用しています。

5

特別な知識は必要なく、簡単に地図表現を変更したり地理院タイルを追加したりできるので、ArcGIS Online を使えばどなたでもすぐに Web マップを作成できます。まずはお手持ちの GPX ファイルを使って、ArcGIS Online でサインクリング マップやハイキング マップなどを作ってみてはいかがでしょうか。

 

■関連リンク

ArcGIS Online 製品ページ

ArcGIS Online(ArcGIS for Desktop ユーザー向け)

・ヘルプ:レイヤーの追加

・ヘルプ:CSV、TXT、および GPX ファイル

・ブログ記事:スマート マッピングでデータの地図表現をより簡単に その①

・ブログ記事:地理院タイルをマップに追加する