時空間の表現に最適な Space Time Cube Explorer アドインを提供

ArcGIS Pro 1.3 用のアドインとして米国 Esri 社が作成した「Space Time Cube Explorer Add-in」がArcGIS Online から提供されています。

最新版(2016 年 10 月 13 日更新)では、言語パックが適用された環境に対応し、ArcGIS Pro の日本語環境でも使用できるようになりました。

Space Time Cube Explorer アドインは [時空間パターン マイニング] ツールボックスで作成した時空間キューブの探索を強化します。

アドインは次のサイトからダウンロードすることができます。
http://www.esriurl.com/SpaceTimeCubeExplorer

2

Space Time Cube Explorer アドインでできること

このアドインは時空間キューブを入力として、ギャラリーから表示方法を選択し、迅速にかつ美しくレイヤーを表示することができます。ギャラリーには、[時空間パターン マイニング] ツールボックスで作成した結果を探索できるようレンジ スライダーやタイム スライダー、プリセット シンボルといった表示オプションが設定されています。

現実世界(Real-word)かスクリーン サイズ(Screen-space)のいずれかでキューブのシンボルを表示することができます。

1

スクリーン サイズ(Screen-space)でシンボル表示

2

現実世界(Real-word)でシンボル表示

時間を表示するためのオプションもあります。すべての時間を表示するか(All)、タイム スライダーを使用してひとつの時間スライスを表示するか(Single-slice)、それぞれの累積スライス(Cumulative-slices)を表示するか選択できます。

3

時空間解析については時空間パターン マイニング ツールボックスの概要や以前のブログ「ArcGIS 10.3 for Desktop 新機能 – 時空間キューブとは」をご参照ください。

今回サンプル ツールのご紹介をさせていただきましたが、弊社で本ツールに関する動作保障を行っているものではありません。本ツールに関するご質問がある場合には、上記のダウンロードページから(ArcGIS Online にサイン インが必要です)、直接、作成者へコメントしていただくようお願いいたします。

■関連リンク

ArcGIS Pro 1.3 をリリースしました!
ArcGIS Pro
ArcGIS Pro の利用を開始するには?(Esri 製品サポートページへのログインが必要です)。