ArcGIS for Desktop でよく使う解析ツールを ArcGIS Online でも使ってみよう (前編) – 属性検索・空間検索 –

ArcGIS for Desktop でよく使用する機能を ArcGIS Online でも手軽に使用できます。下の表は、ArcGIS for Desktop でよく使用するツールと ArcGIS Online でのツール名の比較表です。ArcGIS Online で軽量のデータを手軽に解析したい場合や、ArcGIS for Desktop で処理したデータを ArcGIS Online にアップロードしてから解析したい場合にお使いいただけます。2 部構成の本記事の前半は、ArcGIS Online の [既存フィーチャの検索] ツールをご紹介します。

ArcGIS for Desktop ArcGIS Online
バッファー [近傍エリアの分析] → [バッファーの作成]
ディゾルブ [データの管理] → [境界のディゾルブ]
マージ [データの管理] → [レイヤーのマージ]
イレース [データの管理] → [オーバーレイ] → [イレース]
インターセクト [データの管理] → [オーバーレイ] → [インターセクト]
ユニオン [データの管理] → [オーバーレイ] → [ユニオン]
[属性検索] / [空間検索] [フィーチャの検索] → [既存フィーチャの検索]
[属性結合] / [空間結合] [データの集約] → [フィーチャの結合]

データに対して何らかの処理をおこない、新しいデータを出力するには ArcGIS Online の [解析] を使用します。

さっそく解析機能を使用するために、ArcGIS Online にサイン インしてみましょう。

  1. ArcGIS Online のサイン イン ページにアクセスし、ArcGIS Online のアカウントでサイン インします。※ 解析を行うには、指定ユーザー レベル 2 のアカウントが必要です。
  2. 画面左上にある [マップ] をクリックします。
  3. [解析] をクリックすると、[解析の実行] ウィンドウが表示されます。

今回は、東大阪市に住宅建設を検討しており、持ち家数が多く、駅から近い町丁目を探している住宅メーカー向けに、属性検索と空間検索を用いて条件に合致する町丁目を特定します。ここでは、東大阪市の各町丁字の持ち家の世帯数の情報が含まれているポリゴン データと鉄道の駅のポイント データをマップに追加して解析を行っていきます。

属性・空間検索

  1. [フィーチャの検索] → [既存フィーチャの検索] をクリックします。
  2. [① 属性および空間クエリを使用して、検索するフィーチャを含むレイヤーを選択] で、検索対象のレイヤーを選択します。
  3. [条件式の追加] をクリックし、検索対象のフィーチャを含むレイヤーを選択します。

    1
    デフォルトの [where (属性クエリ) ] では、属性検索の条件式を作成でき、プルダウンで [where (属性クエリ)] 以外の項目を選択すると、空間検索の条件式を作成できます。2

  4. まず、下の図のように、属性検索には、持ち家世帯数の平均値である 696 世帯より多い町丁目を検索する条件式を作成し、[追加] をクリックします。
  5. 再び [条件式の追加] をクリックし、空間検索では下の図のように、駅から直線距離で 500 メートル以内の町丁目を検索する条件式を作成し [追加] をクリックします。

    3

    2 つの条件式どちらも満たす町丁目を抽出したい場合は、[② フィーチャを検索するクエリの構築] に追加されている複数の条件式を [and] で繋ぎます。どちらか一方の条件を満たす町丁目を抽出したい場合は、[or] で条件式を繋ぎます。ここでは、[and] のままにしておきます。

    4

  6. [③ 結果レイヤーの名前] を半角英数字またはアンダースコア (_) で入力し [分析の実行] をクリックすると条件に合致したフィーチャが新しいレイヤーとして出力されます。

    5

ArcGIS Online の解析にはサービス クレジットを消費します。今回紹介した機能は、いずれも 1,000 レコードを解析すると 1 サービス クレジット消費します。

後編では、ArcGIS Online でおこなう属性結合について、データの取得からご紹介します。

■関連リンク
ArcGIS Online ヘルプ:解析の実行
ArcGIS Online 製品ページ
ArcGIS Online クレジット