Esri Startup Program のご紹介

Esri Startup Program は、スタートアップ企業が手がける製品・サービスに、より高度なマッピングや位置情報サービスを組み込むことで企業の成長を加速する 3 年間の支援プログラムです。すでに米国やヨーロッパなどの国では多くのスタートアップ企業が採用して事業を加速させています。
※ 事例として、ArcNews Summer 2017 の記事に、Startup Program 参加企業の事例(2 社)が掲載されています。

プログラムの特典

1.位置情報プラットフォームの無償利用(ArcGIS
位置情報プラットフォームとして、ArcGIS OnlineArcGIS EnterpriseArcGIS DesktopArcGIS for Developers 等が 3 年間無償で利用することができます。開発した製品やサービスは Esri 社(米国)への追加費用なしに 3 年間の販売が可能となります。

2.トレーニングと技術面のサポート
Esri 社(米国)のテクニカルサポートの利用、および GeoNetGithub:esri.github.io などの Esri Community を活用することで技術面をサポートします。また、トレーニングでは Web ベースのトレーニング(e ラーニング)、プロフェッショナルサービスとして Q & A のサポートも可能です。

3.コミュニティ形成と共同マーケティング
Esri 社(米国)が主催する 2 つのイベントへの無料参加、Esri 社(米国)主催イベントへの特別価格での出展などが可能です。Esri 社(米国)との共同マーケティングでは Esri Sector Teams や Esri エバンジェリストの協力による、ケーススタディ、ニュースレター、Web サイト プロモーション等などの多くの機会があります。

プログラムの応募要件

統合化された Esri ソフトウェアの豊富で優れた機能を活用し、自社のサービスの一環としてソフトウェア(またはプラットフォーム)製品を開発することが目的となります。その他、以下の条件も含まれます。

1. SaaS(Software as a Service)または PaaS(Platform as a Service)を構築いただくこと
2. 会社設立から 3 年以内であること
3. 応募時点での年間収益が 100 万 US ドル(約 1 億円)未満であること
※ Esri Startup Program の詳細については Esri 社(米国)の Esri Startup Program をご参照ください。

Esri Startup Program への申し込みは、Esri 社(米国)の Esri Startup Program から直接お申し込みください。

■関連リンク
・Esri 社(米国): Esri Startup Program
・ESRIジャパン:Esri Startup Program